ディスプレイされている歯ブラシ

歯科に通院したことがある人なら、受付にディスプレイされた様々な種類の歯ブラシを見たことがあるでしょう。ドラッグストアやスーパーなどでも購入できるので、わざわざ受付で購入する必要はないと思うかもしれません。それでは歯科で購入するメリットは何でしょうか。まずその人の歯の状態、症状にあったものを的確に選んでもらえることです。また1種類の歯ブラシでは磨き残しがおこる場合も多いですが、細かい部分を磨ける特殊なものも用意されています。価格も市販のものとそれほど変わらないので、歯の健康を保つためにはおすすめです。

歯科医院で扱われる歯ブラシ

歯科医院では、患者さんの悪い部分を治すだけでなく、お口の健康を守るための予防も積極的に行っています。扱っている歯ブラシも市販品とは異なり、専売と呼ばれる歯科医院でしか扱っていないものを買うことができます。毛先の形状が細くなっていたり、やわらかくなっていることで、歯茎が腫れて普通の毛先があたっただけで痛みを感じてしまう患者さんも使うことができます。子供用から大人用まであり、入れ歯を洗うための歯ブラシもあるので、幅広い年齢層の患者さんのお口の状態に合わせて選ぶことができます。自分に合うブラシが分からない時は、スタッフに相談してみましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯ブラシの使い回しがダメな理由 All rights reserved