歯科医院のおすすめの歯ブラシ

歯科医院には、たくさんの種類の歯ブラシがあります。おすすめのものはどれかと考える患者さんがいますが、お口の状態は一人一人違うため、合うものも変わってきます。虫歯を予防するものと、歯周病の患者さんのものでは違いますし、歯並びが悪い患者さんのためのものもあります。そこで、歯科医院では、患者さんのお口の状態を見て、最適な歯ブラシを選んでいます。力が入りやすい男性には、グリップの大きさを変えるなど、工夫をすることもあります。こうすることで、歯磨きがしやすくなり、お口の健康を守るための予防やケアが可能になります。

どんな歯ブラシが本当によいのか

歯の悩みは、全世代共通の問題です。子どもには子どもの、大人には大人の口内事情があります。その悩みを解消するための基本となるのが、歯磨きです。しかし、合わない歯ブラシを使っても問題解決にはなりません。歯科で使われ、また自分で歯磨きをする際に決め手となるのは、まず歯ブラシの大きさです。子ども用のものが、実は使い勝手がいいのです。狭いスペースに入れやすく、磨きやすいことが大切で、小回りが利くところが重要になります。そしてブラシは、固めでもやわらかめでもなく、普通のものがよいのです。固めのものは歯茎を傷つけやすく、やわらかいものはブラシが寝てしまい磨き残しが出来やすいのです。歯科医が選ぶものは、決して高級なものでもありません。手ごろな価格でもきちんとしたものを選べば、何も問題はないのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯ブラシの使い回しがダメな理由 All rights reserved