歯ブラシの使いまわしはよくない

歯ブラシの使いまわしは、口の中の菌がうつってしまうので、歯科医のお勧めではありません。もし、家族間でしているのであれば歯周病のリスクを高めてしまいます。歯周病は、口の中に存在して生まれてくるわけではなく、生まれた後に口の中に入ってきます。その1つが、家族の箸の使いまわしも指摘されています。わずかなことですが、こんなことでも相手の口に入ってしまうようです。ましてや、歯ブラシとなれば、菌がたくさん着いた状態で使うわけですから、菌がうつって当たり前の状態になります。清潔な口中を目指すのであれば、1人1本ずつ用意しましょう。虫歯予防のため、歯科医推薦のものを使うのもよいかと思います。

歯磨きに適した歯ブラシについて

歯科で利用している歯ブラシは、柔らかめで毛先が真っすぐなタイプが多くあります。歯磨きは歯を磨くだけでなく歯茎も一緒に磨くことで血流を良くし、歯周病菌の増殖を防ぐことが出来るため、固めよりも柔らかめを使用するのです。また歯茎と歯の間を磨く時には、そこの部分に対して直角に磨くことが大切なため毛先が真っすぐな方が歯周ポケットも清潔な状態にすることが出来るため適しています。歯科医院では歯磨きに適している歯ブラシを販売していることは珍しくないため、自分の歯にはどのようなタイプが良いのかを相談し、試しに購入してみると良いかもしれません。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯ブラシの使い回しがダメな理由 All rights reserved